スソガチェックにトライ!本来はこんなニオイがするべき!?

スソガのチェックは定期的に行っていますか?女性がもっとも恥ずかしいと感じる部分のニオイで、知らない間に周囲にバレてしまったら大変です。どれほど自分の体に自信があっても、デリケートゾーンのニオイで一瞬ドキッとした体験は皆さんありますよね。たとえば婦人科検診で病院に行った時やパートナーとの性行為の時など、できるだけ近づいて欲しくないと感じる瞬間があります。

なかなか人にニオイを確認してもらうことはできませんし、どんなニオイだとダメなのかチェックの判断基準が分からない人も多いはず。でも本来はデリケートゾーンは我慢できないほど悪臭がする部分ではありませんので、もし気になる時は正しい対処を行う必要ありますよ。スソガかどうか知るためのチェック方法と本来のニオイについて見ていきましょう。

スソガチェックを正しく行うコツについて

デリケートゾーンはいくら綺麗に洗っても多少はニオイが残ってしまうのは仕方がないことですよね。でもどこまでが許されるニオイなのか、スソガとの境目が分からないという人は多いでしょう。

スソガが発生するデリケートゾーンは尿やおりもの、汗などの汚れが多い部分でしかも下着でじめじめしているため、菌が活動しやすいことが特徴です。そこでスソガをチェックする際ですがおりものシートやティッシュを使い肌をふき取って自分でニオイをチェックしてみましょう。我慢できないほどのツーンとするニオイは要注意

さらに次の項目がひとつでも当てはまる場合はスソガの可能性が高いため、しっかり消臭できるデオドラントを使ってケアすることも必要ですよ。

スソガのセルフチェック方法

  • 他の人にニオイを指摘された経験がある
  • 下着が黄色く黄ばんでしまう
  • アポクリン腺が多い人は耳垢がじっとりする
  • 乳首のニオイが強い
  • 親がワキガ体質である
  • アンダーヘアが太くて濃い

デリケートゾーンのニオイはどうあるべき?

デリケートゾーンのニオイの強度は個人差があり、ニオイの種類もライフスタイルや食生活の違いにより一人ひとり違って当たり前。ニオイの原因となるアポクリン腺からでる汗は体内の老廃物との関係がありますので、とくに食べ物は大きな影響力を持っています。

アメリカの婦人科医ドクターメリージェーンは、デリケートゾーンは本来のニオイがどうあるべきか断定することはとても難しいといっています。逆に問題がある場合のニオイはわかりやすいため、いつとも違ったニオイがする時は早めに病院で相談することが大切だと推奨していますよ。

こんなニオイは病気の可能性も

デリケートゾーンの臭いが魚の腐ったようなニオイやツーンと鼻にくる玉ねぎのような刺激臭などは、スソガの可能性だけでなく病気の場合もあります。

下着を脱ぐ瞬間になんとなく臭う程度なら問題はありませんが、洋服の上からも自分の周辺が不快な臭いが充満してしまう場合は、スソガ対策をすぐに始めるサインといえるでしょう。

PHバランスが崩れるとスソガ臭が強くなる理由

スソガはPHバランスがとても大切で女性は生理周期とともにデリケートゾーンのニオイが変化しています。PHバランスは体のアルカリ性と酸性のバランスを示すもので、スソガの人は体が酸性よりの傾向が多く、菌が繁殖しやすい環境が揃っています。
女性の場合は生理前のホルモン分泌量の変化や性行為の後にPHバランスが崩れやすくなるためデリケートゾーンのニオイが不快に感じることがあるでしょう。しかし安心したいのは女性の膣には自然の洗浄機能が備わっているので、ニオイや病気の元になるバクテリアなどは自然と体外に出すようになっているのです。
おりものの色が変化するときは体のなから悪いものを出しているサインで、同時に病気になっている可能性もあるため早めに診察を受けないといけませんね。PHバランスが崩れると菌が好む汗成分になりますので湿気が多いデリケートゾーンは一気にニオイが発生してしまいます。次のような場合はPHバランスが崩れやすくなりますので注意してくださいね。

PHバランスが崩れやすい生活習慣

  • 肉類を好んで食べる
  • 疲労が溜まっている
  • 生理前
  • お酒やたばこ

 

ニオイ以外の気になる症状はすぐに病院へ

スソガチェックはエチケットとして大切ですが、それ以上に女性は病気の早期発見ができるため定期的にセルフチェックを続けましょう。でもニオイの感じ方は個人差がありますので、少しの変化だと見逃してしまう場合もありますよね。性感染症になってしまった場合は自覚症状がない病気も多いため早期発見できないことも少なくありません。

そこでスソガチェックをする際に合わせて意識したいのが女性の健康について。汗のニオイ以外でデリケートゾーンが臭う場合は病院で治療が必要になることもありますので、悪臭がする場合やその他の症状についても敏感になりましょう。女性の膣内はとてもデリケートなので肌に合わないタンポンを使ったためにスソガ臭が強くなるケースもあります。
自己判断するのは大変危険なので、以下のような症状がある場合は病気の疑いもあるためすぐに病院で相談してください。

病気が疑われるデリケートゾーンの症状

  • 痛み
  • かゆみ
  • 緑や茶褐色のおりもの
  • ニオイが急に変わる
  • 皮膚がヒリヒリする
  • 不正出血