陰部が臭い!スソガが気になるときは入浴方法を見直してみよう

陰部が臭い時、お風呂でごしごし洗ってもなんとなくニオイが消えるのは一瞬だけ、なんてことがありますよね。下着を着用した瞬間から陰部の臭いがする時は肌の汚れだけが原因ではありません。陰部にはアポクリン腺が多く集まっているので、ワキガ臭と同じカラクリでニオイが発生するスソガがあります。スソガの場合は根本の原因をターゲットにしてケアをする必要がありますので、まず基本となる入浴でやるべきことをご紹介したいと思います。

陰部が臭い時の入浴法とは

  • 消臭成分入りのボディソープを使う
  • 陰部の洗い方
  • 香料でごまかさない
  • 性行為の後はシャワーで綺麗にする
  • ぬるま湯で汗をたくさんかくこと

以上5つのポイントを見ていきましょう。

普通の石鹸よりも消臭成分入りが陰部の臭い対策にオススメ

陰部が臭いのは汗や汚れにより臭い菌が発生しているため。普通のボディソープは皮脂汚れなどを落とすには効果がありますが、菌を抑える効果が少ないためデリケートゾーン専用の石鹸や消臭成分入りがよいでしょう。ボディソープは色々な種類がありますが、PHバランスを整えるためには弱酸性ソープがオススメ

女性の陰部は複雑な形をしていますので、皮膚だけでなく膣内の汚れも気になりますよね。しかし膣内は体本来の洗浄作用がありますので、無理やり石鹸で洗うと善玉菌まで死滅してしまうためぬるま湯で軽く中を洗うだけでも十分。皮膚は消臭成分が入った刺激の少ないボディソープを使い表面を優しく洗ってください。殺菌成分が強い石鹸だと皮膚のPHバランスが崩れ菌が繁殖しやすくなりますよ。

陰部の正しい洗い方をマスターしよう

陰部が臭い時、きっと皆さんボディタオルを使ってごしごしこすりたくなりますよね。しかしこれではニオイを悪化させる原因になりますので、これからは正しい洗い方で優しく汚れを取りましょう。陰部の臭いは膣内ではなく皮膚表面の雑菌と汚れによるもの。摩擦を加えると肌が乾燥してしまいますので、石鹸を手に取りたっぷり泡を作ってから優しく押し付けるように洗ってください。
タオルやボディブラシなど目が粗いものはデリケートな肌にダメージを与える要因になりますので、手のひらや指を使うことが一番オススメ。気になる時はガーゼや柔らかめの綿性のタオルを使ってこすらないように洗ってくださいね。

入浴後はしっかり水分をふき取ることがコツです。水分が残っているとそこから菌が発生してカンジダ菌の原因になったり皮膚の菌が増殖してスソガが悪化する可能性もあります。タオルで拭きとる時は軽く叩くようにして摩擦しないことがコツです。以下のポイントを抑えて石鹸選びをしてくださいね。

石鹸選びのポイント

  • 保湿成分入り
  • 尿や経血などの菌を除菌する成分
  • 添加物不使用タイプ
  • 泡立ちが良い石鹸

陰部が臭い時は香料でごまさかないこと

陰部が臭い時、とりあえずその場だけ隠すために香水やボディスプレーでニオイを隠したことはありませんか。香料は肌環境を不安定にする原因になりますし、香料で一瞬ニオイをカバーしても根本から改善しているワケではありませんので香りの分子がなくなり次第すぐに陰部の臭いは発生します。
また臭いと香料が混ざりさらに不快な臭いになることもありますし、逆にデリケートゾーンだけが香りが強くなっているのは不自然ですよね。入浴する際は無香料の石鹸を使うことがオススメ。消臭や殺菌成分が配合されていれば不快な臭いはしっかり消せますので、香りでごまかす手間はなくなります。
ボディクリームなどでほのかに全身に香りをつけたほうがとても印象が良くなりますよ。また入浴する際、お風呂のお湯に酢や重曹を入れておくと殺菌の効果がありますので、スソガが気になる時には石鹸以外に使えるアイテムをプラスすることもよい方法です。

性行為の後は必ずシャワーで清潔にすること

性行為の後そのまま放置しておくと菌が発生してスソガが悪化します。膣内は先ほどご説明したように自然の浄化機能がありますので、無理に洗うことはありません。ぬるま湯で洗い流すか場合によってはデオドラントシートで肌表面をふき取るだけでも十分です。
性行為の後は汗などの老廃物が付着して菌が発生しやすい環境が整っています。体温が高くなるとさらに菌が好む状態ですからなるべく早めに肌をきれいにしておきましょう。

なかには性行為でスソガが移るかどうか不安な方もいますよね。スソガはアポクリン腺の汗と菌によるもの、パートナーにもし臭いが移ったとしたらそれはニオイの分子が移動しただけのことなので、スソガ体質が移ってしまうことはありません。でも迷惑をかけないためには性行為の前は必ずシャワーを浴びて肌を清潔にしておきましょうね。